スマホ
ガジェット
通信
アプリ / サービス
戻る

子供のスマホデビューは何歳から?効果的なスマホルールの作り方や注意点を解説!

子供のスマホデビューは何歳から?効果的なスマホルールの作り方や注意点を解説!

今や小学生の子供も自分のスマホを持つ時代になり、親としてもいつかは必要だと思うものの、具体的にいつからスマホを持たせるべきか判断に悩む保護者の方も少なくありません。

トラブルに巻き込まれないか不安に思う一方で、スマートフォンはただのコミュニケーションツールとしてだけでなく、学習や防犯にも役に立つ機能が充実しています。

そのため、正しくスマホを利用することで、子供たちを見守る手段が増えることも事実です。

そこで今回は、子供にスマホを与えるタイミングや、持たせるうえで親が注意しなければならないこと、効果的なルール作りのポイントなどを詳しく解説していきます。

子供のスマホデビューを検討する際に、ぜひ参考にしてみてください。

    目次

  1. 子供のスマホデビューは「いつ」ではなく「準備が出来た」で決める
  2. スマホデビューの前にしておきたいこと
  3. スマホルールの作り方
  4. 子供にスマホを持たせるうえで親が注意すべきポイント
  5. 機能を制限するにはキッズスマホがオススメ
  6. キッズスマホ以外ならiPhoneがオススメ!
  7. スマホには保険をかけておくと安心
  8. まとめ

子供のスマホデビューは「いつ」ではなく「準備が出来た」で決める

スマホデビュー 準備
お友達がスマホデビューをしているからと言って、自分の子供にも同じタイミングで与えて良いものか不安になる保護者の方も多いのではないでしょうか。

スマホデビューの時期については、人ぞれぞれでタイミングや時期について一概には言えません。
しかし、子供がスマホデビューをしても良いか見極めるポイントはいくつかあります。

ポイントを押さえてスマホデビューに最適な時期を見極めていきましょう。

スマホデビューはリスクに対する準備が出来てからが望ましい

子供のスマホデビューのタイミングはいつが最適か、多くの親が悩む問題です。

しかし、重要なのは「いつ」ではなく、子供がスマホの使い方やリスクを理解し、規則を守れる「準備が出来た」時です。

スマホの使用は情報収集やコミュニケーションの手段として便利ですが、様々なリスクも伴います。
子供がルールを理解し、遵守できる準備が出来たら、それがスマホデビューのタイミングだと考え、親もスマホを持たせるための準備を行っていきましょう。

子供にスマホを持たせるリスクは?

スマホは情報収集やコミュニケーションの手段として便利ですが、子供がスマホを持つことは、以下のようなリスクが挙げられます。

スマホ利用のリスク

  • 不適切な情報へのアクセス
  • 過度な使用による健康影響
  • プライバシーの侵害
  • スマホ依存など

子供にスマホを与えることは、これらのリスクが伴うことを十分に理解し、適切に使用しなければなりません。
このリスクに対処するためには、親子で「スマホルール」を決めてルールを守ることについて話し合うことが重要です。

最終的にリスクに対する準備が整った時が、子供のスマホデビューの最適なタイミングと言えるでしょう。

【参考】スマホデビューの時期の傾向

準備やリスクについてお話させていただきましたが、とは言え、一般的にはどのくらいの年齢でスマホデビューさせているか気になりますよね。

親の意見や子供の成熟度によって異なりますが、一般的には、小学校高学年から中学生の間が多いと言われています。
この時期になると、子供も自分の行動が他人に与える影響を理解し始め、自己責任を持つ能力が成長します。
これにより、スマホの利用ルールを守る意識も芽生えてきます。

また、内閣府の「令和3年度 青少年のインターネット利⽤環境実態調査」では、青少年の97.7%が、インターネットを利⽤していると回答し、その中の68.8%がスマホを利用しているという結果が発表されています。
子供専用のスマホを使い始める時期についても言及しており、その年齢は10歳から11歳にかけてが多いという結果となりました。

スマホデビューの前にしておきたいこと

スマホデビュー ポイント
そろそろ自分の子供もスマホデビューのタイミングかもしれないと感じたら、実際に子供専用のスマホを与える前に事前準備を行うことがおすすめです。

スマホを利用するにあたって、これからご紹介する準備事項を参考に、親子で一緒に意識を高めていきましょう。

親のスマホやタブレットで使い方に慣れさせる

既に幼少期から、親のスマホを利用して、写真やYouTubeなどの動画を見ている子供も多いかもしれません。
まずは、スマホデビューの最初のステップとして、本格的に親のスマホを利用して、基本的な操作を教え、インターネットの基本ルールを理解させましょう。

また、その際に、親のスマホの利用時間についてや、アプリのダウンロードについて、子供が知らない人とオンラインで接触したり、個人情報の不適切な共有を避けるように指導しましょう。

スマホを利用するリスクを理解させる

先述した通り、スマホを利用するにあたって、子供に理解させておきたいリスクは数多くあります。

まず、スマホは情報を自由に得られる反面、適切でない情報に触れる可能性もあります。
SNSやゲームにのめり込みすぎてしまうと、健康や学業に影響を及ぼす可能性も考えられるでしょう。
さらに、個人情報を不適切に扱うことで、詐欺やストーカー、いたずら電話のリスクも高まります。

これらのリスクを子供に伝える時は、具体的な例を挙げて説明することがポイントです。
同時にスマホの利用は自己責任であることも伝えて、自分で判断できる力を育てていきましょう。

スマホルールを決める

子供にスマホを与える際は、トラブルを防ぐために「スマホルール」を決めることが大切です。

スマホルールとは、子供が自分のスマホを持つにあたって、家族で使い方や約束事項を決めたルールのことを言います。
必要なルールは環境や保護者の考え方によってもさまざまですので、ご自身の家庭にあったルール作りが必要です。

スマホルールの作り方

ルール

スマホルールの考え方は、各ご家庭や保護者の考え方によってさまざまです。

例えば、スマホの使用は夜21時までや、自分の部屋でスマホを使用しないなどのルールが挙げられます。

また犯罪に巻き込まれないよう、プライバシーの公開制限やSNSのマナーなど、親がしっかりと指導しなければなりません。
親子でスマホを持つことの重要性とリスクを理解するためにも、スマホルールの設定は重要になります。

これからご紹介するポイントを参考に、子供のスマホ利用を健全に管理するスマホルールを作成しましょう。

親子で一緒に考えて決めることが重要

スマホルールを決める際は、親子で一緒に考えてルール作りを行うことが重要です。
子供と共にルールを話し合うことで、なぜルールを作り、それを守らなければならないかを理解し、スマホや使い方への意識を高めることができます。

また、このプロセスは、子どもたちが自分の行動に対する責任を認識し、自己規制の力を育てる機会となります。
親子で考える「スマホルール」の設定は、スマホデビューに向けて重要なステップと言えるでしょう。

スマホルール作りのポイント

まず、具体的なルールを設定する前に、子供がスマホを使う目的を明確にします。

教育目的、連絡手段、エンターテイメントのためなど、それぞれの目的に合わせたルール作りが重要です。
次に、ルールの遵守を促すための教育も必要です。
ただし、「絶対に守らなければならない」と強制するのではなく、ルールの意義を理解し、自主的に守ってもらうことを目指しましょう。

また、スマホの利用時間や使用可能なアプリの制限も設けることで、安全なスマホ利用をサポートします。
最後に、定期的なルールの見直しを行い、子供の成長や変化に応じてルールを更新することも大切です。

「スマホルール」が破られた際の対処法

ルールを決めると、万が一、ルールが守られない場合、どのように対応すべきかという問題があります。
まず、親は感情的にならず、子どもに対して寛容な態度を保つことが大切です。
そのうえで、ルールを破った事実とその背後の理由を明確にするための対話を始め、次に、適切なペナルティを設定することが求められます。

ただし、ペナルティは子どもが反省し、ルールの意味を理解する手段としてあるべきですので、厳格なペナルティ、例えば「スマホの使用禁止」などは、子どもの反抗を招く可能性があります。

その代わりに、一時的なスマートフォンの使用時間の制限や、特定のアプリの使用を制限するなど、適度なペナルティを与えることが大切です。
最後に、子ども自身にルールを再認識させ、なぜそれが重要なのかを理解させましょう。

これらの対応を通じて、子どもはルールの重要性を理解し、自主的な行動を促すことができます。
この時期に「ルールを守る」とはどういうことかを学んでもらうことも重要です。

【参考例あり】実際にスマホルールを決めよう!

スマホ利用の時間や場所、条件について

スマホルールを決める際の最初のステップとして、まず利用時間や場所、条件などを決めていきます。

例えば、利用時間は平日学校から帰宅してから21時までや、1日1時間の利用のみなどです。

また、利用場所についてはリビングに限定し、自分の部屋へは持ち込ませず、親が目の届く範囲で使用させるようにしましょう。

IDやパスワードのアカウント管理について

スマホを利用するうえで、IDやパスワードの管理は重要です。
まず、パスワードは他人に推測されにくいものを選び、定期的に変更するように心がけましょう。

また、IDやパスワードが漏洩すると、他人によるなりすましでスマホのトラブルに巻き込まれる可能性が高まります。
個人を特定できる、誕生日や名前、生年月日などは避けて設定することが大切です。

最後に、IDやパスワードなどのアカウント情報はできる限り非表示にし、親子で必ず共有するようにしてください。

アプリについて

アプリを使うためにスマホを選択する方もいるでしょう。
ただし、アプリのダウンロードや課金は適切な管理が重要です。

例えば、子供が利用できるアプリの種類を事前にダウンロードし、それ以外のアプリはダウンロードできないよう制限をかけるか、定期的に確認するようにしましょう。

課金については、必ず親の許可を得てからにするとともに、自由に課金ができなよう設定することがおすすめです。

プライバシーについて

事件やトラブルに巻き込まれるリスクがあるため、自分だけでなく、家族や友人なども含め、個人が特定される内容や写真の投稿はさせないようルールを決めましょう。

スマホは個人情報を持ち歩くことだということを十分に理解させ、安易な情報共有は犯罪を生むリスクがあるということを親子で話し合うことが重要です。

SNSの利用方法やリスクについて

まず、大前提としてSNSやネットの書き込みを利用する際は「悪口を書かない」と明確にルールを決めましょう。

オンライン上で他人を傷つける行為は極めて悪質で、自分の言葉が他人に与える影響について家族で話し合うことが大切です。

それは例え、有名人であっても同じだということを理解させ、オンライン上でのマナーを学ぶ機会を与えましょう。

連絡先の交換について

連絡先の交換は、知人であっても親の許可を取ってからにするルールを決めましょう。

万が一、見ず知らずの人と連絡を取ってしまった場合、犯罪に巻き込まれるリスクが高まるからです。

また、子供の交友関係を知ることで、トラブルがあった場合、必要に応じて介入できるメリットもあります。
親は子供のプライバシーを尊重しながら、ルールの必要性を子供に理解させることが重要です。

フィルタリング機能について

フィルタリング機能を活用することは、子供がスマホデビューするうえで必要不可欠な機能です。

スマホの使い方に慣れていない子供にとって、意図せず有害サイトにアクセスしてしまう可能性もあるため、制限機能を活用することは親の重要な役割となります。

日頃から親子間の信頼関係を築く

日頃からコミュニケーションを取り、親子間の信頼関係を築くことは、子供が安全にスマホを利用できる環境を整えることに繋がります。

例えば、親がメールやLINEのメッセージを確認することをルールに含めれば、トラブルを早期に解決できるでしょう。

また、コミュニケーションをしっかり取っていれば、子供が何か困ったことがあっても自ら相談してくれるようになります。
ルールを厳しく守らせると共に、気兼ねなく相談できる関係づくりのバランスも、スマホルール作りには必要となるでしょう。

スマホルールのサンプル

  • スマホの仕様時間は平日21時まで(または1日1時間)
  • 自分の部屋にスマホを持ち込まない(使用場所はリビングのみ)
  • スマホの利用はやることが全て終わってから(宿題・習い事の練習・翌日の準備など)
  • 食事中や勉強中はスマホを触らない(決められた場所に置く)
  • IDやパスワードは勝手に決めない
  • 決められたSNSしか利用しない(LINE・Instagram・Xなど)
  • 課金は必ず保護者に許可を取る
  • 個人が特定される内容や写真は投稿しない(家族や友達の名前・写真など)
  • SNSやネットに悪口を書かない
  • 友達であっても見られて困る写真や動画は撮らせない(送らない)
  • 連絡先を交換する際は、保護者に確認を取る(知り合いであっても同様)
  • フィルタリング機能を利用する
  • 保護者はいつでも子供のメールやLINEなどのメッセージを確認できる
  • 困ったことがあったら保護者へすぐに相談する

子供にスマホを持たせるうえで親が注意すべきポイント

スマホの注意点

子供にスマホを持たせるうえで、親も注意すべき重要なポイントがいくつかあります。

まずは、ルールをしっかり守らせること、利用状況を確認すること、そして子供に必要な機能を理解し設定することです。

また、ルールを決めたからといって安心せず、適切に利用できているかどうか気にかけて、安全にスマホを利用するための知識をアップデートしていくことも必要でしょう。

子供だけでなく親も注意するポイントを押さえて、子供にスマホを持たせることで得られるメリットを最大限に活用しましょう。

ルールを守ることを徹底させる

子供にスマホを持たせる際に最も大切なことは、各ご家庭で決めたスマホルールを徹底させることです。

子供自身がスマホの使用にあたってのルールを理解し、それを守ることが求められます。
また、プライバシーの保護や、オンラインでのコミュニケーションマナーも重要なルールとして教えてあげましょう。

これらのルールは子供が安全にスマホを利用するためのものであり、親としてはルールの守られ方を確認し、適宜指導することが大切です。

スマホは便利なツールである一方で、様々なリスクも潜んでいます。
ルールを徹底させることで、これらのリスクを最小限に抑えることが可能となります。

親が閲覧履歴やメッセージなどの利用状況をチェックする

親としては子供のスマホ利用状況を適宜確認することが重要です。

具体的には、ブラウザの閲覧履歴やメッセージの内容をチェックしましょう。
これにより、子供がどのような情報に触れているのか、また、誰とどのようなやり取りをしているのかを把握することができます。

ただし、プライバシーを尊重し、必要以上のチェックは子供の自主性を奪いかねません。
親子関係を悪化させる可能性がありますので、適度なチェックと、必要に応じたガイダンスを心掛けて、子供のスマホ利用をサポートしてあげてください。

フィルタリング機能を有効にする

子供がスマホを安心して使うためには、フィルタリング機能の活用が不可欠です。
フィルタリング機能とは、不適切なコンテンツへのアクセスをブロックするもので、子供がインターネット上の有害な情報から保護する役割を果たします。

また、フィルタリング機能が有効であっても、子供自身がリスクを理解し、ルールを守ることが大切です。
親は、フィルタリング機能や見守り機能を組み合わせて、子供が安全にスマホを利用できる環境を整えていきましょう。

機能を制限するにはキッズスマホがオススメ

子供がスマホを見ている

先述した通り、子供のスマホデビューには、様々な考慮すべきポイントがあります。
では、いざスマホデビューをさせようとする場合、スマホはどのようなものを用意するのがベストでしょうか。

親としては、トラブルを最小限に抑えて、安全に利用できるスマホが良いと考えるはずです。

その場合、推奨したいのが「キッズスマホ」です。

キッズスマホは子供に持たせることを前提に作られた機種であるため、制限や見守り機能が充実しており、親が管理しやすい機能が多数搭載されています。

ただ、毎年、最新型の機種が発売され、機能性やデザイン性も魅力的なものばかりです。
当然、子供から機種を指定される場合もあるでしょう。

その際は、まずキッズスマホで正しくスマホ利用のリスクやルールを理解したあと、2台目として子供の望む機種を与えてあげるという選択肢も検討してみてはいかがでしょうか。

キッズスマホの特徴

キッズスマホとは、子供が使用することを目的として設計されたスマートフォンのことです。
電話やメッセージだけではなく、アプリやインターネット、カメラ(動画)機能を含めたスマホの一般的な機能に、GPSなどの見守り機能が追加されているという特徴があります。

キッズスマホの搭載機能

  • 通話やメッセージ
  • コンテンツ制限
  • GPSによる位置追跡機能
  • 使用時間の制限設定
  • アプリ

キッズ携帯は機能が限定的

キッズスマホの他に、子供用の携帯電話に特化したキッズ携帯と呼ばれるものがあります。
キッズ携帯も、子供のスマホデビューに最適な選択肢の1つでしょう。

しかし、その機能はスマホに比べると搭載される機能が少ないことが特徴として挙げられます。
具体的な機能としては、通話・メール・見守り機能(GPSや防犯ブザーなど)と、利用できる機能が少なく、シンプルな操作性が特徴です。

連絡手段としての機能に特化する作りで、一般的にスマートフォンのような高性能な機能やアプリは搭載されていません。

これは子供がネットの危険から守られる一方で、一部の学習アプリや便利な機能を利用できないというデメリットもあります。

キッズスマホ・キッズ携帯の機能 比較表
キッズスマホ キッズ携帯
通話
メッセージ
GPS
防犯ブザー
カメラ搭載
アプリ
インターネット
閲覧制限
利用時間制限

スマホデビューにはキッズスマホが最適

キッズスマホとキッズ携帯の違いについて解説しましたが、スマホデビューを考えているお子様には、キッズスマホがオススメです。

キッズスマホは、初めから子供の使用に特化した作りになっており、使いやすい操作性と安全性を兼ね備えています。

子供を悪質なサイトから守るための制限機能が豊富なため、不適切なコンテンツへのアクセスを防ぎ、親がコントロールしやすいことが最大の特徴です。

また、一般的なスマホと比べて低コストになるため、故障や紛失のリスクまで考慮すると、子供に持たせる初めてのスマホがキッズスマホなら親も安心なのではないでしょうか?

ただ、各ご家庭の利用状況やスマホデビューまでの準備度により、最適な選択は変わるかもしれませんので、家族で話し合いながら、ベストなスマホを選びましょう。

キッズスマホ以外ならiPhoneがオススメ!

スマホデビュー

キッズスマホは子供のスマホデビューに最適な選択ですが、子供が周りの友達に合わせて「どうしてもiPhoneがいい」とねだってくることもあるかもしれません。

また、親のお下がりのiPhoneを使ってスマホデビューさせたいという場合も考えられます。

iPhoneは使いやすさ、教育コンテンツの豊富さ、そしてキッズスマホ程ではありませんが、セキュリティの高さでも知られています。

例えば、初期機能として搭載されているAppleのScreen Timeという機能では、子供のスマホ利用時間やアプリの利用状況を把握することが可能です。

また、iPhoneでは、格安SIMを利用することで、データ通信量を制限することができます。
これにより、使いすぎによる高額請求の心配もないため、スマホに慣れない子供でも安心して使用させることができるでしょう。

一般的なスマホを使う場合、通信サービスで制限をかける

子供がiPhoneを使う際、格安SIMはコスト面で大きなメリットがあります。
一般的なスマホと比べてデータ通信量を制限できるため、子供のオンラインでの行動を親が制御することが可能です。

また、格安SIMを使用すれば、月々の通信費用を大幅に抑えることができるのも大きな利点です。
さらに、格安SIMで通話に特化したプランを選べば通話料も抑えられるため、安心して子供にスマホを持たせることができます。

しかし、格安SIMを選ぶ際は、通信速度やカバー範囲、サポート体制なども確認することが重要です。
スマホデビューを考える際、コストと子供の安全性を両立させる格安SIMは、親にとって魅力的な選択肢と言えるでしょう。

2024年子供におすすめの格安SIMブランド

一口に格安スマホと言ってもさまざまなキャリアがあり、子供にとってどれが最適なのか悩む方も多いはず。
格安SIMの比較ポイントは以下の3つです。

子供におすすめの格安SIMの選定ポイント

  • 毎月の月額料金
  • 機種の機能性
  • フィルタリングサービス

子供におすすめの格安SIM①:IIJmio(アイアイジェミオ)

2GBで月額850円~と手ごろな料金プランで、初めてのスマホで利用状況がまだ分からない方にもおすすめです。
また、IIJmio(アイアイジェイミオ)は、格安SIMとセットで約30種類の機種をお得に購入することができます。
機種は自分で購入しなければならないというキャリアもあるため、欲しい機種が決まっている方には魅力的でしょう。

子供におすすめの格安SIM②:TONE MOBILE(トーンモバイル)

TONE MOBILE(トーンモバイル)は、子供に有害なサイトを表示させないよう、初期段階からフィルタリング機能が備わっています。
また、インストール制限やスマホの利用時間を制限する機能がついているなど、子供の利用に特化した制限機能が豊富です。
価格も月額1,100円~と低価格で、安全なデジタル環境が手に入ると保護者の間から人気を集めています。

子供におすすめの格安SIM③:mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)は、1GB、1,298円で大手キャリア3回線に対応しており、5Gでインターネットの利用が可能です。
また、独自サービスが特徴的で、人気を集めたのが「パケット放題 Plus」です。
これにより、動画が実質見放題になるため、動画で勉強したい方にもおすすめできます。
※「パケット放題 Plus」は、別途オプション月額385円(10GBコース以上無料)

スマホには保険をかけておくと安心

家族と家に保険をかける

スマホは子供たちの学習ツールやコミュニケーション手段として欠かせない存在となっていますが、親が安全面と同様に不安になるのは、故障や紛失によるスマホ代の負担です。

「せっかく新しいiPhoneを買ってあげたばかりなのに、もう画面が割れた..」
なんてことも大いに考えられますよね。

そこで役に立つのが、スマホやその他デバイスにかけられる保険です。

スマホ保険に加入すると、修理費用や新しいスマホの購入費用を補償してくれます。
日常生活で起こり得るアクシデントにも対応してくれるため、子供のスマホデビューにおける安全対策の1つとして、検討される方は続々と増えています。

利用トラブルだけでなく故障のリスクにも備える

スマホ保険に加入することで、スマホが故障した場合や利用中にトラブルが発生した時でも安心して対応することができます。

例えば、「画面が割れてしまった」「水没させてしまった」といった事故から、「スマホが起動しない」といった故障まで、幅広いリスクに対応することが可能です。

子供たちはまだスマホの扱いに慣れていないため、事故や故障のリスクは大人以上に高くなるでしょう。
そのため、保険に加入しておくことで、子供のスマホデビューをより安心して迎えることができます。

また、保険加入にはスマホの新規購入時だけでなく、中古のスマホを購入した際や、すでに持っているスマホに対しても加入することが可能です。

安価で使いやすい「モバイル保険」がオススメ

子供のスマホデビューでスマホ保険を検討するなら、「モバイル保険」がオススメです。
モバイル保険は、「故障」「外装破損」「損壊」「水濡れ」「盗難」など様々なトラブルに対応してくれます。

モバイル保険の保険料は、月額700円で主端末1台と副端末2台の合計3台に利用可能な点もメリットです。
Wi-FiやBluetoothにつながる端末であれば補償対象となるため、任天堂スイッチやipadなども副端末として登録することができます。

手続きもインターネットで簡単にできるため、仕事で忙しい保護者の方にはぴったりのサービスです。

また、各キャリアやメーカーが提供する保証サービスと比べても、モバイル保険は補償内容が豊富でコストパフォーマンスに優れています。

子供がスマホを持つ際には、故障や紛失のリスクをしっかりとカバーするスマホ保険の利用も検討してみてはいかがでしょうか?

まとめ

スマホとノートパソコン

子供のスマホデビューはいつ?キッズスマホとキッズ携帯の選択、スマホのメリットとデメリット、そして「スマホルール」の重要性について解説しました。

子供のスマホデビューのタイミングは、準備が整った時が最適です。
それは、スマホの使い方を理解し、リスクを学び、親子で取り決めたスマホルールを遵守できる状態を指します。

また、親も子供をトラブルから守り、安全に対する意識をためることも重要です。
子供のスキルや理解度に応じてスマホデビューのタイミングを見守りましょう。

そして、子供のスマホには、故障のリスクに備えてモバイル保険への加入もおすすめです。
万が一に備えて、着実にスマホデビューに向けて今から準備を進めていきましょう。

この記事を書いたライター

モバイル保険 メディア編集部

万が一のスマホの故障に備えるモバイル保険を広めるため、鋭意ブログを執筆中。「Enjoy Your Mobile Life」をモットーに、スマホをより便利に使うための情報を発信していきます。

スマホの関連記事

記事ランキング

iPhoneを機種変更するときにやることリスト! データ移行や引き継ぎが必要なアプリの設定方法を紹介します
iPhoneを機種変更するときにやることリスト! データ移行や引き継ぎが必要なアプリの設定方法を紹介します
iPhone 15を買うべき? iPhone 14との違いを比較! スペックや発売日、価格などをまとめました!
iPhone 15を買うべき? iPhone 14との違いを比較! スペックや発売日、価格などをまとめました!
AppleCare+って何? 料金や期間、iPhoneに保険が必要かどうか徹底的に解説します!
AppleCare+って何? 料金や期間、iPhoneに保険が必要かどうか徹底的に解説します!
ドコモからahamo(アハモ)の申し込み方法を徹底解説! 必要な事前準備についても細かく紹介!
ドコモからahamo(アハモ)の申し込み方法を徹底解説! 必要な事前準備についても細かく紹介!
ahamo(アハモ)の料金周りの疑問を解決! 切り替えた月は日割りになる? ベストなタイミングは?
ahamo(アハモ)の料金周りの疑問を解決! 切り替えた月は日割りになる? ベストなタイミングは?