ソフトバンクのオンライン専用プラン「LINEMO」はどんなプラン? サービス内容や使えるスマホの保険を解説します!

ソフトバンクのオンライン専用プラン「LINEMO」はどんなプラン? サービス内容や使えるスマホの保険を解説します!

 

2020年12月22日にソフトバンクよりオンライン専用の新ブランドが告知されていましたが、2021年2月18日の発表会にて詳細が公開されました。
「Softbank on LINE」の仮称を改め、「LINEMO」として3月17日より提供が開始されます。

「LINEMO」とはどのようなサービスなのか。続報の内容も踏まえ、詳しく情報をまとめていきます。

※2020年12月発表の内容をまとめた記事はこちらからご確認ください

 

 

LINEMOとは?

LINEMO(ラインモ)は、ソフトバンクとLINEが提携して新たにスタートする新ブランドです。

手続きを全てWeb上で行うオンライン専用のブランドで、店頭で受付やサポートをしてもらうことが出来ません。
その代わりに、従来のスマホ料金と比べ非常に安価で、割引や利用条件のないシンプルで分かりやすい料金体系となっているのが特徴です。

ネットワークはソフトバンク・ワイモバイルと全く同じものを使用できます。
料金が安く回線も安定したものを使えるということで、これまでのキャリアと格安スマホのいいとこどりをしたブランドといえるかもしれません。

当初は5分以内の国内通話無料がついて月額2,980円のプランとされていましたが、この無料通話はオプションとしてつけるかどうかが選択できるようになり、月額料金もその分引き下げられました。
また、データ通信をあまりしない人用の通信量が少ないプランも作られました。

ミニプラン スマホプラン
月額料金 900円(税抜) 2,480円(税抜)
月間データ容量
※LINEでの通信量はノーカウント
3GB 20GB
容量超過時の通信速度 最大300kbps 最大1Mbps
容量超過時の容量追加 1GBあたり500円(税抜)
通信 ソフトバンクの4G・5G
音声通話 30秒につき20円の従量課金

【オプション】
・月額500円で5分以内の国内通話し放題
・月額1,000円で無制限に国内通話し料題

手数料 契約事務手数料・SIM交換/再発行・MNP転出手数料・契約解除料は0円
申込窓口 オンライン限定
LINEから専用ページへアクセス可

 

LINEMOの特徴

LINEMOの魅力はどのようなところにあるのでしょうか。
特徴的をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

POINT

・月額料金が安い
・LINEの3つのフリー
・全てオンラインで完結できる
・eSIM・eKYCに対応

月額料金が安い

LINEMOには通信容量の違いにより2つのプランがありますが、高い方でも月額料金は2,480円(税抜)です。
月間のデータ通信量も20GBまでとなっており、5Gも使えるため、従来のスマホ料金と比較すると大幅に安くなっています。
割引も適用せず、代わりに別のサービスの加入が必要といった条件もないため、シンプルにこの料金で利用できます。

もっとも、従来と比べると安いものの、ドコモやauからも類似したプランが発表されており、通信の安定性に不安があるものの料金面では圧倒的に優れている楽天モバイルの存在も気になるところです。
ドコモの「ahamo」とauの「povo」は、LINEMOとほとんど同様のサービスのため、LINEMOが特別優れているということではありません。
よりお得なサービスを選びたいという場合には、それぞれの固有サービスを比較して決めていく必要があります。

LINEの3つのフリー

LINEMOでは、LINEにおいて「3つのフリー」を用意しています。
具体的には「トーク」「音声通話/ビデオ通話」「LINEスタンプ」の使い放題です。

「トーク」「音声通話/ビデオ通話」はLINEの主な利用方法で、これらの利用で発生した通信は通信容量の20GBにはノーカウントとなります。
さらに通常月額240円かかるLINEスタンププレミアムが追加料金なしで利用できるため、700万種類以上のLINEスタンプが使い放題になります。

LINEMO自体の手続きもLINEのアプリ上で簡単に行えるようになるとのことで、今後もLINEを活用したLINEMO向けのサービスに期待できます。

eSIM・eKYCに対応

eSIMは予め端末に組み込まれた情報の書き換えが可能なSIMです。
スマホが通信を行うためには通信に必要な情報が書き込まれたSIMカードを差し込む必要があるため、本来であれば新規契約時にはSIMが郵送で届くのを待つことになります。
LINEMOはeSIMに対応しているので、登録手続きをしてそのまま通信の利用を開始することが出来ます。

またeKYCとはオンラインでの本人確認を行う仕組みのことです。
新規契約時には本人確認が必要になりますので、eSIMとともにオンライン専用プランであるLINEMOには必須の機能といえます。
これらに対応しているということで、手続きはスムーズに進められるものになりそうです。

オンライン専用プランのメリット・デメリット

LINEMOの魅力といえばその安さですが、最大の特徴を挙げるのであればオンライン専用という点になるでしょう。
その手続きは全てオンラインで行う必要があります。これは店頭でのサポートは受けられないことを意味しています。
これまでにはない、新しい形式のプランといえます。

Softbankショップ、ワイモバイルショップに持ち込んでも、契約の確認や変更はもちろん、トラブルの対応、不明点の解消などをお願いすることはできませんので、これらを全て自分で手続きする必要があります。オンラインの手続きに不安がある場合には、LINEMOの利用は避けた方が無難かもしれません

逆にオンラインでの対応に不安がない場合には、LINEMOは手続きをオンラインで完結できる、使い勝手の良いブランドとなります。
現状のプランでも多くの手続きがオンラインで可能になっていますが、店頭や電話での受付が必要な手続きもまだ少なくありません。
これらの窓口は受付時間が限られていることが多く、手続きの時間を作ったり順番や手続きの処理を待つ必要があるなど不便な点があるのは否めないでしょう。
いつでも気軽に手続きを行えるのは、地味ながら大きなメリットといえます。

 

ソフトバンク・ワイモバイルとの比較

LINEMOはソフトバンクグループの展開する新ブランドですが、既にソフトバンクとワイモバイルがあり、同じ企業が3つのブランドを運営することになります。

これまではのソフトバンクとワイモバイルはメインブランドとサブブランドの関係でしたが、今後は3ブランドでそれぞれ異なるターゲットをもった横並びの扱いとなってくるようです。
ソフトバンクからはヘビーユーザー向けの大容量プラン、ワイモバイルからはライトユーザー向けの小中容量プラン、LINEMOからはデジタルネイティブ世代向けのオンライン専用プランが展開されます。

3ブランド間の移行手数料は0円となるのでブランド選択の自由度は増しますが、別契約扱いとなってしまうためブランドを超えての家族割の適用などは現状出来ないようです。
単身での利用であれば料金プランのみを見て判断できますが、家族で利用する場合には誰かを高いプランにしてでもブランドを統一した方が安価になる可能性もあるかもしれません。
今回の発表でソフトバンクとワイモバイルも、一定期間のみの割引が無くなり料金が分かりやすくなったので、一度家族全員で料金プランについて考えておくのがよいでしょう。

ソフトバンク ワイモバイル LINEMO
メリハリ
無制限
シンプル
S
シンプル
M
シンプル
L
ミニ
プラン
スマホ
プラン
月額料金 6,580円 1,980円 2,980円 3,780円 900円 2,480円
割引適用
料金
4,480円~ 900円 1,90円 2,700円 900円 2,480円
データ容量 使い放題 3GB 15GB 25GB 3GB 20GB
容量超過時
の速度
最大300Kbps 最大1Mbps 最大1Mbps 最大300kbps 最大1Mbps

※ワイモバイルの割引は、2回線目以降の端末に適用され、1回線目は通常の月額料金になります。

 

LINEMOで使えるスマホの保険・保証

機種変更やキャリア変更をする際に、併せて考えたいのがスマホの保険・保証です。
近年のスマホの価格は10万円以上することも珍しくなく、同じ端末を長く使うことが増えています。当然、本体価格にあわせて修理価格も高くなっているため、通信費と同様に端末代を抑える工夫も必要になってきます。

代表的なスマホの保険はキャリアの提供する補償サービスですが、LINEMOには補償サービスがありません。
そのため、LINEMOで端末補償を利用したいのであれば、キャリア以外の補償を利用する必要があります。

キャリア以外の端末補償といえば、AppleCare+などのメーカーの補償が一般的ですが、よりオトクなモバイル保険というサービスもあります。

モバイル保険は、AppleCare+やメーカーの補償と比べても月額料金が安く、1契約で同時に3台まで補償することが出来るのが特徴です。
スマホ以外のモバイル通信機器に幅広く対応していて、機種変更やキャリア変更したときにも補償を継続できるため使い勝手は抜群です。

モバイル保険の詳細はこちら

 

まとめ

LINEMOはオンラインの手続きに不安がなければ、非常に魅力的なプランとなっています。
ぜひ本記事を参考に検討いただければと思います。

この記事を書いたライター

モバイル保険 メディア編集部

万が一のスマホの故障に備えるモバイル保険を広めるため、鋭意ブログを執筆中。「Enjoy Your Mobile Life」をモットーに、スマホをより便利に使うための情報を発信していきます。

https://mobile-hoken.com/

この人の記事一覧