iPhone 13の発売日や性能予想のまとめ! 利用できるスマホの保険は?

iPhone 13の発売日や性能予想のまとめ! 利用できるスマホの保険は?

2021年に発売されるであろうiPhone 13について、様々なリーク情報が出ています。
Apple公式の発表ではないため参考程度ではありますが、うわさをまとめていきます。

尚、その後公開されたiPhone 13の情報は下記の記事にまとめていますので、併せてチェックしてみてください。

デザインはiPhone 12シリーズとほぼ同じ

iPhone 13シリーズはiPhone 12シリーズと同じ4モデル展開になると予想されています。

本体のサイズもiPhone 12シリーズと大きく変わらりませんが、若干厚さが増すようです。
これはカメラが大型化するためで、iPhone 12シリーズと同じケースは使うことができないかもしれません。

尚、「13」は西洋では忌み数として避けられる数字であることから、「12s」シリーズになる可能性も高いようです。

iPhone 13シリーズの価格は?

ここ数年のiPhoneは高性能になるのに伴って高額化が続いていましたが、2020年のiPhone 12は前年のiPhone 11より安価となりました。
同時に、続いていた大型化に対して小型のiPhone 12 miniが発売されたので、性能のブラッシュアップを図りながら小型化・低額化が図られるのではないかと予想しています。

(参考)

モデル 価格
iPhone 12 mini 82,280円(税込)
iPhone 12 94,380円(税込)
iPhone 12 Pro 117,480円(税込)
iPhone 12 Pro Max 129,580円(税込)

※いずれもストレージ容量は最も小さいモデル

 

iPhone 13の発売日は?

例年、9月中旬にAppleの発表会があり、その翌週金曜日に発売されています。
このことから、iPhone 13の発売日は2021年9月24日になると予想されます。

2020年のiPhone 12シリーズに関してはこれより遅い10月23日の発売開始でしたが、これは新型コロナウィルスの影響による生産・流通の遅れが要因と思われますので例外と考えています。

尚、複数のモデルが発表された場合、日を分けて発売される可能性が高いです。
この場合後発のモデルは、10月の後半から11月の頭になると思われます。

 

iPhone 13には新色「ピンク」が追加

iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxには、新色「ピンク」が追加されるようです。
これまでの機種では、同系の色として「ローズゴールド」がありましたが、もっとはっきりとした鮮やかなピンクになる可能性が高そうです。

ただ、新機種の発売のタイミングでは用意されず、iPhone 12シリーズのパープルのように少し遅れて追加される可能性もあるとされています。

 

指紋認証が復活?

指紋認証が復活

iPhone 12では期待されながらも搭載されなかったTouchID(指紋認証)ですが、iPhone 13では復活するのではないかと予想されています。

TouchIDはiPhone 8以前に搭載されていた機能で、ホームボタンに指をかざすことで画面ロックの解除や支払いの承認などを行うことができる生体認証です。
iPhone 8以降はホームボタンが廃止され、代わりにFaceID(顔認証)が搭載されています。

FaceIDは、画面に顔を向けるだけで認証を行うことができ、非常に『未来感』のある機能ですが、欠点や不満もいくつか上がっていました。
日常に十分起こりうる場面でFaceIDを使いづらいことがあるのです。具体的には以下のようなものが挙げられます。

Face IDの欠点

・暗闇で動作しづらい
・マスクをしていると反応しない
・机に置いたままロック解除できない

特にマスクをしている場合に反応しづらい点は、新型コロナウィルスの感染拡大によりマスクの着用が必須となっている2021年現在では大きい欠点といえます。

iPhone 12と同時に発売されたiPad Air(第4世代)ではTouchIDが復活しており、タブレット上部の電源ボタンで指紋認証を行うことができます。
この情報はiPhone 12より一足早く発表されていたためiPhone 12への搭載が期待されていましたが、実際に発売されたiPhone 12には搭載されずFaceIDのみでした。
新型コロナウィルスの感染が落ち着くにはまだ時間もかかりそうなので、iPhone 13ではぜひ復活してほしいところです。

実装される場合には、iPad Air(第4世代)同様の電源ボタンによる認証ではなくディスプレイ内蔵型になる可能性も高そうです。
すでにAndroid端末で実現している機能なので可能性はあるのですが、8月末には「確かにテストはしていたもののiPhone 13には採用されない」とういう情報も出てきました。
iPhone 13では復活せず、FaceIDのみのままということも十分考えられます。

 

ノッチの小型化

ノッチが無くなる

iPhoneはiPhone Xで大きなモデルチェンジがあり、端末に対してディスプレイを大きく使うことができるようフレームを極力排除したデザインとなっていてますが、カメラやスピーカー、各種センサーが設置されているノッチ部分が残った状態です。
以降、iPhone 12シリーズまでほとんど形が変わらず、台形のような形の比較的大きなノッチがあります。
しかしノッチに隠れて表示されない面積が広い、デザイン上スッキリしていないなど不満の声がないわけではありません。

一方のAndroid端末では、カメラのみを残した小さいノッチのスマホや、フロントカメラを背面に収納してノッチを完全に無くしたスマホ、画面内にフロントカメラが搭載されたモデルなど、ノッチを削ったモデルが既に登場しています。
このようなノッチレス化の流れもあり、iPhone 13ではノッチの小型化が噂されています。

iPhoneは「Face ID」のために正確に顔を認識する必要があり、Android端末より性能の高いカメラが必要といえます。
ノッチの小型化のためには、カメラやセンサーの統合やコンパクト化が求められます。

 

リフレッシュレートが改善

リフレッシュレートとは、ディスプレイの画面全体が1秒間に更新される回数を示す数値です。数値が大きいほど映像がなめらかであることを意味し、単位は「Hz(ヘルツ)」で表されます。

従来のiPhoneのリフレッシュレートは60Hzでしたが、これが120Hzになるのではないかと考えられています。
既にAndroidでは120Hzの端末も複数発売されているので、iPhone 13にも期待がかかります。

尚、高リフレッシュレートのディスプレイは消費電力が上がってしまうため、その他のパーツの省電力化やバッテリーの強化なども併せて実装が期待できます。

 

Lightningポートは継続?

Lightningポートの廃止
iPhoneの充電ポートは、長らくApple独自のLightningケーブルが使用されていましたが、USB Type-Cコネクタに変更、もしくはフルワイヤレス化する可能性があります。

コネクタは様々な規格があるとそれぞれケーブルを用意する必要があるため、規格の統一が望まれています。
USB Type-CはPC周辺機器にも対応しているコネクタで、現在iPhone以外のスマホの多くもUSB Type-C対応となっています。
さらに、最新のiPad Air・iPad Proは既にUSE Type-C対応のモデルとなっているため、iPhone 13でも対応する可能性はありそうです。

しかし、USB TYPE-CはLightningと比べて防水性能が低いという欠点があります。
またフルワイヤレス化する場合、充電はMagSafeによるワイヤレス充電を使用することになりますが、不具合が多く、発熱により充電効率も良くありません。
そのため、どちらも見送られLightningポートが継続される可能性が高いようです。

 

iPhone 13で利用できる保証サービス

iPhone の保証というと、メーカーであるAppleのAppleCare+、もしくはキャリアが提供する補償サービスが一般的だと思いますが、この他にも利用できる保証サービスがあります。AppleCare+とキャリアの補償は、原則購入時に入るかどうか決める必要があります。よく端末を落としてしまう人や、故障時の負担額からリスクが高いと感じている人は、購入前にそれぞれのサービスの特徴を知り検討することをお勧めします。

 

AppleCare+

iPhone 13購入時には、Appleが無料で提供している保証であるAppleCareが1年間ついてきます。無料でついているのは嬉しい話なのですが、この保証は自然故障のみが保証対象です。例えば、iPhone 13を落として画面が割ってしまった場合や、水没させてしまって動かなくなったりした過失の場合等の故障に対応してもらえません。このような過失などによる故障も補償してもらうためには、AppleCare+の購入が必要です。購入すると保証期間も2年間に延長することができます。価格は2年間で16,800円、1か月あたり700円のサービスとなっています。(盗難・紛失も対象とするプランは2年間で18,800円)

また2年間で保証が終了してしまうのが欠点でしたが、2020年7月から月額プランの提供も開始となりました。2年が過ぎても支払いを続けている限り保証を継続できるすることができます。

AppleCare+は確かに良いサービスなのですが、この保証を適用した修理サービスは正規プロバイダの店舗でしか受けることができず、当店のような街の修理店で修理をした場合は適用することができません。

項目 AppleCare+
料金 ¥16,800
申込 購入後14日以内
免責金 ¥3,700(税込)
交換 ¥12,900(税込)
盗難・紛失 ¥12,900(税込)

キャリアの補償

docomo、au、SoftBankのような3キャリアで端末を購入された方は、キャリアの補償サービスをスタッフの方に勧められて、登録されている方が多いのではないかと思います。キャリアの補償サービスはAppleCare+の延長サービスのような内容になっていますが、各キャリアで若干内容が異なります。

AppleCare+も同様ですが、修理や本体交換の際に料金が発生します。毎月の課金が必要にもかかわらず、いざ壊してしまったときにも費用がかかるので、どうしても今一つな印象があります。
そこでお勧めしたいのがモバイル保険です。

 

モバイル保険

ご紹介したメーカー保証・キャリアの補償に比べて料金が安く、端末の購入時でなくても加入できるスマホ保険です。

メリット1「トータルの費用が安い」

モバイル保険は月額700円のサービスです。AppleCare+やキャリアの補償よりも安価で、キャリアの補償と比べると月に600円、年間で7,200円の差となります。免責金もなく、修理にかかった費用を保証するため、上限を超えなければかかる費用は月額料金のみです。

もちろん保険ですので、国から認可を得ているサービスです。安心して使ってみてください。

メリット2「3端末まで幅広く保証」

通常の保証サービスは購入した端末1台のみが対象となりますが、モバイル保険は最大で3端末まで保証対象にすることができます。対象にできる条件はWi-FiやBluetoothなどの通信が可能な端末であることなので、iPhone以外にもタブレット端末やワイヤレスイヤホンも含まれます。よく使うこれらの端末も一緒に保証することができるので、端末あたりの実質的な保険料はさらに低くなります。複数端末をまとめて保証できるサービスは珍しく、かなりお得なサービスといえます。

メリット3「新品端末購入時から時間が経っていても登録可能」

端末購入時には「壊さないから、保証なんていらない」、「1年無料のApple Careがあるから十分だ」と補償サービスに入らない人も大勢いると思います。しかしその中には、実際使っているうちによく落としたり、修理時の負担の大きさを知って後から入っておけばよかったという人もいるのではないでしょうか。通常の保証サービスは、購入時、もしくは購入から短期間の間に加入する必要があり、後から入ることはできません。

しかしモバイル保険は、新品端末購入時から1年以内であれば端末登録が可能です。
1年以上経過している場合でも、メーカーやキャリアの補償に加入した状態であれば登録可能で、乗り換えてもいいですし併用して免責金をカバーするという使い方もあります。
購入時に決断する必要はありませんので、じっくり検討することができます。

※もちろん、既に故障している端末を登録しても、保険の適用対象外ですので注意してください。

モバイル保険の詳細はこちら

まとめ

iPhone 13シリーズの発売もあと数ヶ月というところまで迫ってきました。
やはりiPhoneには、あっと驚くような新機能やデザインを搭載してほしいところです。
引き続き新情報から目が離せませんね。

この記事を書いたライター

モバイル保険 メディア編集部

万が一のスマホの故障に備えるモバイル保険を広めるため、鋭意ブログを執筆中。「Enjoy Your Mobile Life」をモットーに、スマホをより便利に使うための情報を発信していきます。

https://mobile-hoken.com/

この人の記事一覧